つらい頭痛の改善事例

こんにちは!

腱引き整体 大分からだ改善庵の諫山です。

腱引きによりお体の不調改善に頑張る、

腱引き師および頭部ケア専門士です。

今回は頭痛改善のケースをご紹介します!

辛い頭痛の改善施術!

今回は偏頭痛を抱えているお客様の改善話です。

頭痛に悩まれている人は、
これから改善していくうえでなにか一つヒントになると幸いです。

肩こりがひどく、お天気が悪くなっても頭痛がするということです。
私も頭痛もちでしたが、片頭痛はつらいんですよね……

 

偏頭痛とは

日本神経学会によると偏頭痛とはこのような症状が現れます。

片頭痛という名称は頭の片側が痛むことに由来しますが、実際には4割ちかくの片頭痛患者さんが両側性の頭痛を経験しておられます。
年間有病率は8.4%と推定され、かなり患者数が多い疾患です。
また、片頭痛は女性に多いのも特徴です。

前兆は、頭痛より前に起こる症状で、キラキラした光、ギザギザの光などの視覚性前兆が最も多くみられます。

漠然とした頭痛の予感や、眠気、気分の変調などは前兆と区別して予兆といいます。

片頭痛発作は通常4~72時間続き、片側の拍動性頭痛が特徴です。頭痛の程度は中等度~高度で日常生活に支障をきたします。また、階段の昇降など日常的な運動により頭痛が増強することも特徴のひとつです。悪心(吐き気)、嘔吐を伴うことが多く、頭痛発作中は感覚過敏となって、ふだんは気にならないような光、音、においを不快に感じる方が多いです。

https://www.neurology-jp.org/public/disease/zutsu_detail.html より引用

今回の方も女性です。女性に頭痛もちはかなり多い印象ですね。

自然治癒を待ってもなかなか痛みの消えにくい偏頭痛。
早めに改善したいものです。

 

施術開始!

まずはカウンセリング。
どんなお仕事をしていて、どういったときに特につらいのか?
ストレス等はあるのかを聞いていきます。
頭痛改善には何よりも生活の改善が大事です。

そうして施術を開始します。

今回のお客様はとくにあたまのうしろ、あたまのよこに強い緊張が見られました。

こういった部分は俯き姿勢、また眼精疲労で筋ストレスがかかりやすいところです。

頭部改善施術によって、この部分をじっくりと緩めていきます。

また、特に首のコリは首周りだけでも解消しません。

特にこの部分。肩甲骨の間。

諫山腱引き師
ここが凝っているな~っと思う人も多いのではないでしょうか?
うつむき姿勢と猫背姿勢とでとくに張りがちなのがこの部分になります。

この筋肉もしっかりと緩めながら。
腱も引いて、活性化も図ります。

施術のあとには。
コリ、頭の重さが消えて、軽くなった! と喜んでいただけました。

こうして頭部、首部、肩、肩甲骨を緩めることで、血行も改善されます。

血行が良くなることでコリ物質、痛み物質も流れやすくなるので、
体が軽くなるのです。

とはいえ。
やはり毎日のお仕事でまたコリは溜まってきます。

大事なのは毎日のお仕事に対しての毎日の運動、ということで。
からだ改善庵ではそれぞれのお体に適した運動をお伝えしています。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

ご予約はこちら