腰の痛みを改善するには全身を見てあげることも大事、という話

こんにちは。

大分市は明野、猪野地区の「腱引き整体 大分からだ改善庵」

腱引き師の諫山です。

みなさんには、こんなお悩みがありませんか?

・朝、起きた時から腰が痛くて、家事をするのも一苦労だ。

・つねに腰が重くて、座り仕事ですぐに痛くなってくる…

・長く続く腰痛で、好きなスポーツもおもいきりできない…

慢性的な腰痛。その原因は、腰ではないかもしれません

腰が痛い…とご来店いただいたお客様がおられました。

施術マットに寝てもらい、腱引きの基本施術を行いながら全身に触れていきます。

と、腰に繋がる筋肉に違和感。そこは腰ではなく、腰の筋肉に繋がる部分でした。

そこを探り、捻じれを引いていくと、「痛みが和らいでいく…」とお客様。



どうして腰が痛いのに、関係のなさそうな部分に触れると改善されるのでしょう?
いえいえ、関係ないところなんてないんですよ。体は全部繋がっていますから

「からだはすべて、つながっている」

腰の筋肉はそれのみでなく、上半身から下半身までつながっています。

それこそ、頭の先からつま先まで、ひとつながりの構造体なのです。

腰だけを緩めても、痛みが戻ってしまうのは他の部分に硬直、捩れがあるから。

おうちで考えてみましょう。

柱の一本が歪んだだけで、ほかのところに負担がかかって、
悪くない柱や壁まで壊してしまいます。

人のからだもそれといっしょ。

とくに、悪いところはずうっと悪いので
それなりの付き合い方も心得ているのですが、
それをかばって酷使される筋肉が、
疲労などで硬直したり捻じれたりしてしまうといけません。

連鎖的に、そこをかばう筋肉。
さらにそれをかばう筋肉…と連動していって、
どんどん姿勢を崩してしまうのです。

 

全身を調整し、改善しようとするのが腱引き

腱引きは痛む箇所だけではなく、全身を施術します。

腰が痛いのに、足の裏を施術したりもするのです。

そんなところに触れて、効果があるの…?
と疑問に思われるかもしれませんが、それは受けてみてのお楽しみ。

そうやって、通常の整体などとは違うアプローチで、
腰と関連する他部位の筋肉を調整すると。

「痛みが軽くなりました!」

と、お喜びになるお客様も多いです。

さらに、私が武術やヨガで得たからだの動かし方から、
お客様に必要なストレッチ、運動なども伝えさせていただきます。

腱引き整体と、二人三脚での改善を目指してみるのもよいかもしれませんね。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

ご予約はこちら