寒くなると起こる腰痛・肩の痛みの原因とは?3つの対策法を紹介

寒くなると起こる腰痛・肩の痛みの原因とは?

皆さんこんにちは!
大分県大分市の整体院、
腱引き整体・大分からだ改善庵の諫山です。

突然ですが、あなたは

「寒くなると体が重い。腰が痛くなる…」
「肩が凝る。首の痛みがつらい…」

…と。

こういった症状にお悩みではありませんか?

冬の時期はこうした症状でお悩みのかたが増加して、
私の施術院に訪れて、ご相談いただく機会が多くなります。

なので、今回は上記のようなお悩みをお持ちの方のために、
寒い時期の腰の痛みや肩のこり、首の痛みの原因や対策について、
ちょっとした解説をしていきたいと思います。

 

寒さによる腰痛・肩痛の原因は何?


寒くなると腰の痛みや肩のコリがつらくなっていくのは、
一体どこに原因があるのでしょうか?

まずはその点について簡単にご紹介していきましょう。

1:寒さによる血行不良

寒さによる腰の痛み・肩のコリなどの、
痛みの原因の一つとして考えられるのが血行不良です。

寒くなると体の中の血管…とくに先っぽの末梢血管が縮んでしまい、
筋肉へと流れ込む血液の量が普段より少なくなってしまいます。

そうなると、
血液によって筋肉の中に運ばれるはずだった酸素、栄養が少なくなる。

筋肉は酸欠状態、栄養不足に陥ってしまいます。
血液の循環が悪くなった筋肉は、
ますます硬くなって柔軟性を失ってしまうのです。

そのため、腰痛や肩こり、首痛などのお悩みが現れてしまうということですね。

2:寒さによる姿勢や厚着によって筋肉に負荷がかかる

また、冬の寒さは上にご紹介した血行不良とは、
別の形でも筋肉に負荷をかけます。

まずは「姿勢」です。
人間は寒いと、ついつい体を丸く縮こまらせる
防御の体勢を作ってしまいますよね。

このように姿勢を丸めるということは、
筋肉を縮めているということ。
こうした姿勢の偏りが多いと、
筋肉に余計な負担を強いてしまいますので、
さらに腰の痛みや肩のこり、首痛みなどが進んでしまうということですね。

また、冬は寒さから逃れようと自然と厚着になってしまいますが、
厚着することによって服の重量がいつもより重くなってしまうことも、
筋肉への負担、肩こりなどの要因になります。

さらに、厚着というのは基本的に体が動かしにくくなりますので、
その分筋肉も動かせず、固まってしまいやすい状態です。
そうした観点からも、冬は腰の痛みや肩こり、首痛みが生じやすい季節と言えます。

3:寒さによって神経がぎゅっと圧迫される

腰の痛みや肩のコリ、首痛などの原因は、
単純に筋肉への負荷によるものだけではありません。

寒くなると上記のように筋肉が縮み、固まり凝ってしまうのですが、
それによって筋肉のなかを通っている神経が圧迫されてしまい、
痛みや痺れを発生させやすくなってしまうのです。

冬場のお身体へのお悩みは、
こうしたいろいろな要因が重なってしまうことで起こりやすくなります。

 

腰痛・肩痛を和らげるための対策は?

では、こうした要因に対して私達は
どうやって対処していくべきでしょうか?

次は冬場に襲い掛かってくる、
お身体の悩みへの撃退法を紹介していきたいと思います。

1:体を冷やさないことを心がける

まず一番の対策として、
そもそも体を冷やさないことをに心がけるのが重要です。

足元を冷やさないように、靴下を重ねて履いたり。
薄くて保温性が高いインナーを着用する、
また首周りを冷やさないようにネックウォーマーなどを使用するなど、
温かい服装を心がけるとよいでしょう。

また、冷水など冷たい飲み物や冷めた食べ物を取ることを避けたり、
外へ出かける際もなるべく外気にさらされないように、
移動の手段や経路を考えてみるなどして、服装以外の面でも工夫しましょう。

2:ストレッチで筋肉をほぐす

ストレッチを日常的に行うようにしましょう。
生活の中に取り入れて、筋肉を適度にほぐしていきます。

上にご紹介した厚着による寒さ対策では、
体が動かしにくくなって筋肉が固まってしまうというリスクもありますが、
毎日、しっかりとストレッチをして筋肉の凝り、硬直をほぐし、
血流を促すことでケアすることができます。

外出などで寒さに体を縮め、厚着で体が構ってしまったら、
帰宅した後にはしっかりとストレッチをしましょう。

3:日々の運動で筋肉を鍛える

寒さによる腰の痛みや肩の重さ、こりを防ぐためには、
日々少しづつの運動で適度に筋肉を鍛えておくことも大事です。

筋肉の量はあればあるだけ体温を高く保ってくれます。
手や足の筋肉…特にふくらはぎの筋肉は
血流を促すポンプとしての役割も。

第二の心臓とまで言われるふくらはぎは全身の血流にも影響しています。
しっかりとふくらはぎを鍛えて、寒さに抵抗しましょう。

筋肉をつけるのは、続けるための努力が必要です。
ですが、毎年冬になると腰痛や肩こり、首の痛み
悩まされているという方は…
いまから運動を心がけると、来年が全く違ってくるでしょう。

4:毎日しっかりと湯船に浸かる


お風呂で温まる事は体中の血行を改善させるいちばんの方法。
飲むお薬や湿布なんて及びもつかない、筋肉を和らげる最上のお薬です。

そもそもお風呂に浸かることは「湯治」と言われることもあり、
治すことすら主目的な行為なのです。

毎日、できれば15分。
お風呂に浸かり、血液を温めましょう。

あ、長湯が苦手という人は無理をしないでくださいね!

まとめ

私の施術院でも腰の痛みや肩のこり、
首の痛みなどを改善させる施術は行っておりますが、
実は日常生活の様々な場面でちょっと気をつけることでも、
寒さから来るお悩みを和らげることは可能です。

大分からだ改善庵では整体の観点から、
冬の寒さに負けない丈夫な体作りを応援しています。
あなたもぜひ、今回ご紹介した対策を試してみてください。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

ご予約はこちら