肩の痛み、それはどこから?

肩の痛みにお悩みで来店されたお客様。
介護の仕事をしていてだんだんと肩が痛くなってきて、それが慢性化してしまったそうです。

しかし、その痛みの発生している部分を直接は施術せずに筋肉の動きを探っていきます。

すると、肘の部分に滞りを発見。
腱引きで滞りを調整し、さらに前腕を施術して筋肉を柔らかくしてみると…

「あれ? 痛みが小さくなっている?」

と、肩に触れずに肩の痛みが小さくなっていきました。

けれどここで終わりではありません。さて、その肘の滞りはどこからきたのか?

その前腕の固さはどこから?と探っていくと…手首にまでたどり着きます。

この方、指先に力を込めて繰り返し行われる作業を普段から行っているということで、そのために指~手首~前腕~肘~肩のルートが固まっていた。

それが、肩の痛みを引き起こす原因であったようです。

さらにはその作業で猫背気味になっており、首回りも緊張して、腕と首と両方向からダブルの負担を肩は支えてくれていたんですね。その結果が、痛みという悲鳴なのです。

肩のせいじゃない?

肩が痛いのに、肩が原因ではないんですか?
はい。肩の痛みが、肩のせいで起こるとは限らないのですね。

痛みを訴えている肩のみを施術しても、痛みがなかなか改善されないことがあります。

関連する筋肉、腱へアプローチしてみることが大事になってきます。

まずは腕や首の滞りを解き、さらに全身のバランスを整える。それが腱引きのアプローチになってきます。

・セルフケアも大事です。

こういった習慣により根付いた慢性的な症状は、なかなか抜けてくれません。

腱引きによる定期的な調整。そしてお客様自身のセルフケア。

それが両立して、お身体は痛みの改善された快適な体調を維持することができます。

大分市は明野、猪野の腱引き整体 大分からだ改善庵は、
みなさんの爽快な生活を応援しています。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

ご予約はこちら