肩や首のこりをゆるめるには、こんなことをするといいかも

・肩に重い石が乗っているようで、せっかくの休みもすっきりすごせない…

・首や肩がいつも凝っていて、ひどいときには頭痛や吐き気にまで襲われてしまう…
 
・もうすぐ楽しみにしている旅行。この首や肩の凝りが、なければなあ

みなさんこんにちは。
大分市は明野、猪野地区にある「大分からだ改善庵」
腱引き師の諫山です。

肩や首の凝りって、とてもつらいものです。

毎朝、新聞を読んでいるとき前かがみになっていませんか?

毎日、机に向ってのパソコン作業。
集中してくると、モニタへどんどん首が近づいてしまう…。

肩こりとは…

首すじ、首のつけ根から、肩または背中にかけて張った、
凝った、痛いなどの感じがし、頭痛や吐き気を伴うことがあります。
肩こりに関係する筋肉はいろいろありますが、首の後ろから肩、背中にかけて張っている僧帽筋という幅広い筋肉がその中心になります。

肩こりの症状

原因

首や背中が緊張するような姿勢での作業、姿勢の良くない人(猫背・前かがみ)、運動不足、精神的なストレス、なで肩、連続して長時間同じ姿勢をとること、ショルダーバッグ、冷房などが原因になります。

日本整形外科学会より引用

こんな首や肩の凝りは、毎日の習慣で作られます。

頭というのは重いもので、なんとボウリングの玉ほどもある!のです。

これほどの重量が、肩や首にずっしりと。

そんな頭を支えようとする、首肩はとても頑張りさんです。

その頭がちゃんとした姿勢の上に乗っていればまだ良いのですが。
上で書いたように、頭が前に出てしまった状態だと、
首や肩への負担も相当なものになってしまいますね。

 

「軽い運動で、筋肉のリフレッシュ!」

ここで、簡単にできるストレッチを紹介しましょう。

背筋を伸ばして。
右手を右斜め下に伸ばして。
右手を下へと伸ばしながら、首を左へと傾けていきます。
肩首のラインが「あ、じんわりのびてるな~」と思えるくらいで、三十秒ほどキープ。

ゆっくりと深呼吸もしてあげましょう。

さらに首の角度を変えながら、いろいろなところを伸ばしてあげましょう。
腕を下へ伸ばすことで、首もストレッチしてあげるのがポイントです。

こんなような運動を、隙間時間に少しだけ取り入れてあげると、
肩や首のコリにが少しだけすっきりしてきます。

そうしながら少しづつ、いろいろなストレッチを取り入れて
「運動習慣」を作ってあげるといいかもしれません。

「まずは腱引きを受けてみるのも良いのかも」

ひどい肩や首の凝りは、なかなか改善しにくいものです。

ましてや毎日の家事や仕事に頑張っているのだから、なおさらに。

そんなときは、まずは腱引きを受けてみるのもいいかもしれません。
腱引きで、ひどい凝りをほぐし、軽い体を実感すれば、
運動習慣も取り入れやすくなります。

・首や肩の重さがなくなって、朝の目覚めもすっきり、すがすがしい!


・首肩の痛みにとらわれず、ゆっくりと本が読める。


・頭痛の回数も減って、頭痛薬をあまり飲まなくなってきた!と。

運動習慣と、定期的な腱引きの施術で、爽快な状態を維持していけるかもしれません。

健康とは、予防してこその健康なのです。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

ご予約はこちら