Warning: getimagesize(https://karadakokokara.com/wp-content/uploads/2019/09/20170819201904.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/isakenbiki/karadakokokara.com/public_html/wp-content/themes/healer/tmp/twitter-card.php on line 51
マッドマックス 怒りのデスロードに見る水分の大切さとは!? | 【大分 整体】腱引き整体 大分からだ改善庵

マッドマックス 怒りのデスロードに見る水分の大切さとは!?

http://wwws.warnerbros.co.jp/madmaxfuryroad/index.html

水分の大切さをマッドマックスが教えてくれる…!

マッドマックス 怒りのデスロード。見たことありますか?

多少人を選ぶ映画ではありますが…ものすごく面白かった!

荒廃した大地で行われる争い。
襲い来る狂信者たちの描写。
そして車と車との激突!

過去に翻弄される主人公。彼とともに戦いながら、
新天地を目指すフュリオサという女性の強さと哀しさが物語を引き立てて、
ただ暴力的ではない、情緒にも溢れた映画となっていました。

劇中ではガソリンと、そしてが非常に重要なアイテムとなっています。
とくに
劇中では、水を支配している者が大勢の人間をも支配していました。

人というのは食物は食べなくとも、
水分が摂取できていれば一か月は生きられると言われています。

が!

水分を摂取できない場合、3~5日もつかもたないか、
という程度で死んでしまうのです。

それくらいに人の体にとって水分というのは大事な要素。
マッドマックスという映画は、
そんなことも教えてくれているのです!

たぶん。

 

人体の70%は水である

ひとの体はかなりの割合、70%もが水分だと言われています。

人の細胞の中は、この水分で満たされていて、
さらに細胞の間、筋繊維のあいだや骨の中にも
血液やリンパ等となって流れています。

マッドマックスでは車とバイクとが大活躍していますが、
車を動かすにもガソリンが必要。

血液やリンパ液など、人にとってのガソリンである
「水分」
がきちんと全身を流れてくれることで、
酸素や栄養などが運ばれて、人の体は元気を保てるのです。

その水分が減少してしまうと…?

いわゆる脱水症状という症状を起こしやすくなります。

全身に酸素、栄養が運ばれなくなり、頭痛、吐き気、脱力症状に襲われる。

汗が出なくなって、体温調整ができなくなる。

体温が調整できず、筋肉がけいれんを始めます。

内臓が悪くなってしまって、腎不全などを起こして、いずれは死んでしまう…。

水が飲めないというだけで、人の体はこれほどの惨事に襲われます。
マッドマックスの敵、イモータンジョーのところに
水を求めて難民が集うのも当たり前。

水分というのは人にとって、空気と同様に大事なものなのです。

 

水分は意識的な摂取を!

水分をちゃんと取っていますか?

こう聞いて、

「はい、飲んでいます。コーヒーとか、お茶とかで」
と答えるひとがいます。

コーヒーやお茶は水分の摂取になりません!

いやまったくならないということはないのですが、
利尿作用のあるカフェインの入った飲料は、
逆に体内から水分を出してしまいます。

コーヒー、お茶とは別に、真水をたっぷりと飲みましょう。

 

水を摂取することで…

水をまいにち十分に摂取していくと、からだの中の水分も増えていきます。

血液がさらさらになり、体内の老廃物も流れやすくなって、疲労回復、美肌効果も。

腸内の水分も増えるので、便秘ぎみの方には特に効果的です。

また、たとえばお仕事終盤の三時、四時くらいに、
なんだか体が重くなったり、頭痛がすることはありませんか?

これら、もしかしたら「隠れ脱水」かもしれません。

喉が渇いたら、脱水症状のサイン。

運動中は、のどが渇く前に
水を飲むようにと聞いたことはありませんか?

これは日常生活でも同じです。

「喉が渇いたなー、ちょっと休憩しようか」

というときは、もうかるーい脱水症状が始まりかけているのです。

一日の生活、仕事を元気に乗り切るためにも、
日ごろの水分摂取は大事。

映画の中で、主人公らの活躍で水を与えられた人たちが喜んだように。
たっぷりの水を与えて、自分の体を喜ばせてあげましょう

それにしても面白かった…。
あれだけエネルギッシュな作品、次回作へのハードルが上がりまくりです。

腱引きってなあに?

からだ改善庵HP

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

ご予約はこちら