サッカー関連の痛み、野球肘肩、スポーツ障害に

スポーツ障害、成長痛、運動系疾患。

  • 野球でボールを投げる時に肘が痛む。
  • テニスで打ち返すときにも肘が痛い。
  • 走ると膝が痛い、かかとが痛い…。

スポーツをしていると、痛み、ケガはなかなか切り離せません。

とくに成長途上のお子様はいつも筋肉が張っていて、
痛めやすい状態だったりもします。

そんな時はぜひ、当整体院を頼ってみてください。

痛みの改善が期待できる症例としては……
膝の痛み、かかとの痛み、オスグッド、シーバー病。
野球肩、野球肘、テニス肘、肘の痛み、かかとの痛み。
成長痛、腰の痛み、腱鞘炎、股関節の痛み……などなど。

 

 

練習にもベストコンディションで!

 


小中高生は練習や試合で違和感、痛みがあってもなかなか休めません。
チームメイトのことを考えて、無理を押して練習を繰り返す……

けれどその繰り返しが、特に成長期のお子さんだとなかなか改善しない痛みの原因になってしまいます。

小中高生は骨がどんどん成長していて、筋肉がいつも引っ張られています。
その状態での動きすぎ、がんばりすぎは筋肉へさらにストレスをかけて、痛みが出やすくなってしまうのです。

サッカーでよくある膝の痛み、かかとの痛み。
野球肘、野球肩などは典型ですね。
繰り返す負荷が、慢性的な痛みを連れてきます。

その痛みはフォームの崩れやほかの部分の負担を招いて、
そのうちに故障してしまう。

だから頑張りすぎているところをきちんと緩めていくことが肝心です。

体をメンテナンスして痛みなく、練習にもベストコンディションでのぞむ。
それが効率的、かつ無理なく上達していく近道です。

 

腱引きは戦場の医学

もともと腱引きというのは、武術の世界で受け継がれたものでした。

江戸時代からある、柳生真眼流という剣術の、相手と戦うわざ「殺法」。それと対をなす「活法」…人を活かす法が、この腱引きのもとです。

道場でけいこ中に、体を痛めてしまったり。
またいくさ場で、手足を痛めてしまったときに早く戦線復帰をしたり、あるいは逃げやすくするために、腱引きが用いられていたと聞きます。
腱引きは激しい動きで痛めてしまった身体を、
少しでも元に戻すために編み出された日本古来の療術。

なのでスポーツという現代の戦場において、
腱引きはとても有効なのです。

 

当院での施術の一例

いわゆる成長痛という痛みがあります。
かかとや、膝に出やすいこの痛み。
その原因は、筋肉と骨とがくっついている部分にあります。

 

そしてこのくっついている部分を緩めるだけでも、なかなか改善しません。
かかとを改善するために、股関節や太もも、足の裏まで。
きちんと施術していく必要があります。
当施術院では、筋肉のつながり、流れを重視して、どこに問題があるのかを丁寧に探りながら施術を行っていきます。

 

施術のあとの運動もとても大事!

そしてなにより大事なのは施術のあと。
痛みを戻りにくいようにする運動、ストレッチこそが要です。

サッカーでの痛み。野球肘。野球肩。
それぞれの運動それぞれのお体に合ったストレッチなどを提案させていただきます。

ともに痛みを改善し、
元気よくプレイを行っていただくことが私の喜びです。

ご予約はこちら